修士論文諮問会1日目

IMG_1155.jpg

今日は諮問会1日目。
他の研究室と共にそれぞれの研究成果を発表する舞台。
他の研究室の発表等を見ていると、うちの研究室の準備レベルの高さに感心する。

研究レベル自体はそれぞれにすごさや面白さがあると思うけど、発表の旨さは全く違うと思う。
何度もリハーサルを繰り返して、ちょっとでも伝えたいことが違うとわかったら、
1度作ったパワポにも関わらず全て修正するということを普通にしてしまうわけだから・・・
当然といえば当然。

レジュメに関しても、やっぱりTeXは美しい文章を描ける。美文字作成☆
今日の発表以外の教室に配布してあるレジュメとか見ても、
Wordで作られているとどうも美しさに欠ける・・・。
この研究室に入って、TeXを使えるようになってよかった。

発表に関しては、うちの研究室では、
知らない間にこう発表するのが一番良いみたいなものが身についてしまっている気がした。
そのため、レベルは高いといえ、皆が似たような発表になってしまっていた気がした。
これは良いことか悪いことかわからない・・・。

ただ、他の研究室、特に部活の先輩の飯尾さんの発表はすごく刺激になった。
うちとは全く違う研究、発表の仕方をしていたので。
ぜひ他の人の技術を自分の卒論発表会や学会といった舞台での研究発表にも生かしていこう。

コメントする

*