僕のやってる筋力トレーニングの意義

体力には三つの種類がある。
【基礎体力】【特殊体力】【専門体力】

基礎体力・・・ウエイトトレーニングのような方法で養成する体力
専門体力・・・スプリント動作中に発揮される体力
特殊体力・・・その中間で、動作や負荷のかかり方がスプリントと近い状況で発揮される
       両者を繋ぐ役割を担う体力

ウエイトトレーニングでは、筋力そのものをアップさせると同時に、特殊体力の養成(坂、砂浜を走ったり、タイヤを引いて走ったり、バウンディングのようなジャンプ系トレーニング)によって、スプリントに繋げていく作業が案外必要!

【スプリンターがウエイトトレーニングを行う際に気をつけること】
1.速筋線維を鍛えられる負荷のかけ方をすること。
 スプリントの場面で遅筋線維を使わないわけではないが、やはり主役として活躍してほしいのは速筋線維。速筋線維に負荷をかけるには、ある程度以上の重さと筋収縮の速度が重要。
2.どこの筋肉をどの程度大きく(肥大)させるか。
 スプリンターは大きな力発揮と同時に、自分の身体を素早く運ぶことが課題となる。大きな力発揮には大きな筋肉が必要で、素早く運ぶには必要以上に筋肉を重くすると、重くて遅くなってしまう。
 つまり、腰周りの大きな筋肉を大きくする一方で、腕や脚の末端部に近くなるほど肥大させないで、素早く動かせるような筋肉づくりをすることが要求される。
 そのためには、どのような動作を、どのような負荷をかけてやるかについては、かなり専門的な知識や経験が必要となる。

・・・と、今日来た陸マガに載っていました(笑)
まさにその通りだと思います。このことを忘れず、周りに流されず、トレーニングを積んでいきます。

精神力は貯金と逆だ。
引き出し続けることで増してくる。

11712164908556.jpg

コメントする

*