最近の冬季練習

最近、といっても本当に最近のことだが、すごくいい感じで走れている。
自分でもびっくりするくらい頭のイメージと体の動きがマッチングしている。

実際、土曜日の坂ダッシュは力を全く入れていないのにぐんぐん進んでいった。
完全に力を入れるタイミングと接地の仕方(地面への力の入れ方?)がつかめている。

自分の理想を簡単に言うと、足の下げだけに少し力を加えて、
地面に着いている時には体はリラックスしていて反対の足に意識が行くイメージ。
それがうまくできていて、全く負担のない走りができている。
しかも、ほっといても加速していくから逆に恐くらいだ。
今日の200mの折り返し100mを3セットも、全然体にこない、疲れない、スピードは出るで最高だった!
じゃっかん内転筋にきたけど・・・。

でもまだ約一ヶ月間、考えて練習してきた成果がほんの少しだけ出てきた程度のこと。
ここで浮かれすぎずにうまくキープして、さらなる向上を目指したい。
自分の中で一番上手く練習が走りにつながっているのがハードルドリルだと思う。
ハードルドリルの動きは、例えば右足を下げた瞬間、左足は勝手に上がっている。
最初はできなかったけど、繰り返し動きを行うことで、体にしみついて、下げたら逆足が上がるようになっている。
しかもリラックスできている。これが走り中にも、頭では考えてなくても体が覚えている。
嫌というほど毎日してきているから。
だから、上手く力を使わずに足の切り替え動作ができていると思う。

それと、片足でバランスボールに乗ることもとてもいい練習だと思う。
もともとバランスが弱かった方だけど、時間さえあればバランスボールに乗るように心がけたところ、
今では片足全くぶれずに立っていらえるようになった。
まだ目を瞑ったらぶらつくけれども。
片足でのバランスが鍛えられることで、走りの中で余裕が持てるようになってった。
走る時はいつも片足の状態でいるわけで、その片足で体重を支える動作に慣れているので、
走っている時は体が安定して、余裕ができるというわけだ。

走りの中で余裕ができると、見えなかったものが見えてくる。
接地もタイミングもそうだし、前傾具合や足の流れなんかもそうだと思う。
だから、安定した軸の強化のためにも片足バランスボールも続けていくつもりだ。

最近は、部活全体は何とも言えないが、少なくとも短短は皆、
それぞれが目的を持って、しかも意見交換もできていて、いい雰囲気でできていると思う。
大学まで来て陸上を続けているのだから、どうせなら真剣に取り組みたい。
今年はあえて「化ける」ことを目標に、冬季練を行っていく。
仮に自分の良かれと思った方法でやって失敗したのならそれでもいいと思う。
今まで通りやって微妙なタイム更新なんていらない。
あくまで大幅なタイム更新だけを狙っての練習をしていこうと思う。
途中で、このことにプレッシャーを感じるようなら、意識はしないようにするつもりだが。

最近のこの高い意識を燃え尽きないように、
長期的な計画も考えつつ、やるべきことをやっていこうと思う。

116637950930699.jpg

コメントする

*