しなやかな筋肉を作りたい(ウエイトトレーニングについて)

今日は雨だったし、6限の授業があったので、部活には行かなかった。
うちの大学は基本的に、月曜日がオフで、残りは毎日午後3時から合同練習。
けれども、親切なことに授業(学業)優先である。
3限までに授業が終わる人は午後3時から合同練習に参加。
4限に授業が終わる人は遅れて(5時前くらいから)合同練習に参加。
5限以降に授業が終わる人は、その日は合同練習に参加しなくても良いのだ。
レポートが「大量」に溜まっているが、今日は『ウエイトトレーニング』について。

100mランナーにとって、
ウエイトトレーニングが必要なのかどうなのかは賛否両論。判断は付け難い。
実際、自分も高校時代、確信の持てる情報が全くなかったので、
本格的なウエイトトレーニングは練習に取り入れなかった。

だけど、今は、100mランナーにとってウエイトトレーニングが
欠かすことのできないトレーニングの一つだと自分は思っている。

100mのみならず、陸上競技の大半は体のみを使って競う競技。
つまり、レース中にただ一つ頼れるものが自分の体。
武器は自分の体のみなのだから、力を発揮できるように鍛える必要がある。

ウエイトといっても、重たい重量を上げたり、筋繊維を太くさせたりという行為は、
速く走るという動作にはきっと結びつかない。
それを勘違いしてトレーニングを進めていくと、体が重くなり、バネを失う恐れがある。
それだけは避けなければいけない。
それではどうすべきなのか・・・?

単に、軽い重量で速く動かすトレーニングを増やせばいいという考えも間違い。
常に速い動きでトレーニングを進めたところで、特に狙って何かを鍛えることはできない。
ここでは、特に下半身のトレーニングに焦点を合わせて話していく。
100mの疾走において、求められる筋肉の仕組みとしては、接地時間(0秒1以下の世界)内に、いかに大きな力(キック力)を加えられるかである。
しかも、接地する瞬間、体重を支えている足に加わる衝撃力はとても大きい。その中で、大きなパワー(キック力)を発揮しなければならない。
そのために必要なトレーニングは、常に速く動かすというものではない。
ましてや、ゆっくり動かすものは問題外である。

100mランナーにおける、ウエイトトレーニングで最も意識しなければいけないことは「切り替えし」の瞬間ではないかと考えている。

切り替えし動作こそ、スプリンターが考えるべきポイントであろう。
最も負荷のかかる切り替えし動作の際に最も力を加えることが走りの際に発揮するパワーを向上させることが出来る。
あとの動作では力を入れずに、弛緩させておけばよい。力を加えるのは一瞬である。
初動負荷に関して深い知識はないが、それに近いといったら近い考え方かもしれない。

ウエイトトレーニングを上手く生かせれば、きっと走りの技術にも結びつくだろうし、怪我もしにくくなるに違いない。
何も考えずに、どれだけの重量を持ち上げれた!という達成感を追い求める練習ではあまりに効率が悪すぎる。
最悪の場合、副作用(体が重くなる・バネを失う)も出てくる。
ウエイトトレーニングも、走練習と同じで、常にどういう目的で何を意識すべきかを考えてやらなくては効果が期待できない。

私がウエイトトレーニングを本格的にスタートしたのは今年の2月の頭なので(知識を勉強したのが去年の12月頃)、まだ半年ほどしか経っていないので、まだまだわからないことばかりである。

今回は、ただ、ウエイトトレーニングに関する自分の意見を述べたにすぎない。
けれども、これが、誰かの力になってくれれば嬉しい。
それと同時に、他のスプリンターの意見も聞きたい。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ザワワ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    俺は、最近は陸上には直接使わないような動きのウェイトも軽く取り入れてるかな。俺はまだ体が細くて出来上がってないから補助的な役割の部分の筋肉と考えていろんな種類をたまにするよ。

  2. By こういちろう

    SECRET: 0
    PASS: a7b023963e866728d782bfa755621395
    >>>接地時間が0.01秒以下?
    さすが秋田くん超人やわ(笑)

  3. By アッキー

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ザワワ
    確かに「全面性の原則」ってあるくらいだからね。
    全身を満遍なく鍛えないと最高のパフォーマンスは発揮できないし、怪我しやすいよね。
    【ためになりそうな参考文献】「http://www.hcn.zaq.ne.jp/prestissimo/track/rennshuuno5gennsoku.htm」
    あっ、
    10秒を50歩片足だから、
    (10÷50)÷2=0.1秒ですね(^_^;)
    滞空時間は考慮外として、0.1秒の世界・・・修正しときました。
    指摘ありがとうございます♪

  4. By コロ助

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    筋肉はエンジンだからね。
    それが陸上に使えるエンジンとして鍛えられる方法ならばどんな方法でも取り入れるべきだね。

  5. By アッキー

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まぁ、忘れてはいけないことは、0.1秒で力を発揮させるのに最も適した練習は走練習であること。
    練習のバランスが大切。
    コロ助のように怪我して走れないのは仕方がないことだが、仕方がないで終わるのはあまりに寂しすぎる。特にコロ助に関しては、あれだけ陸上を愛しているのだから、この逆境をなんとか乗り越えて、結果を出して欲しい。

  6. By 勝利の女神

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    詳しいことはわかりませんが・・・
    先日、ストリート陸上で朝原選手をみましたが、すごいからだしていました。陸上競技選手に話を聞くと、筋肉に詳しい、体の仕組みにくわしい、体に注目していることが良くわかります。自分との戦いなんですね、がんばってください!!
    日本選手権始まりましたね
    世界陸上国内開催のチャンスを最大に活かすためにも、今回の日本選手権は大事。陸上界発展に一丸となって臨むアスリートにも期待です♪
    ランクリさせていただきます!

  7. By アッキー

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    日本選手権観戦行って来ました。
    グランプリの時といい、為末さんの存在・発言はとても印象的でした。
    あれだけのレース後に世界陸上の宣伝をできる余裕はさすがといったところ。
    いい刺激になりました。

コメントする

*