マスターズ、やり投げ除外

陸上=世界マスターズ、やり投げを競技種目から除外

[ミラノ 17日 ロイター] イタリア当局は17日、9月に開催される世界マスターズ陸上競技選手権大会で、やり投げを競技種目から除外する方針を明らかにした。同大会には90歳の高齢者も参加する。 これより先、13日に行われた陸上ゴールデンリーグのローマ大会では、男子やり投げのテロ・ピトカマキ選手(フィンランド)が投じたやりが、男子走り幅跳びのサリム・スディリ選手(フランス)に当たる事故があった。スディリ選手の命に別状はなく、医師らも手術の必要はないと見ているが、イタリア当局は、世界マスターズでのやり投げ種目採用を見送った。世界マスターズ陸上のベッカリ会長は「85歳や90歳の参加者もいる。ほぼすべてが準備万端に整い、事故が少ないことが重要だ」と話している。 情報元

あらら・・・、確かに85歳や90歳にやり投げは危険かもね(^_^;)
でも、しっかり練習してきた人がかわいそう。

コメントする

*