骨盤を後傾させて走る!?

今日も朝から名城へ。

今日の練習メニュー
1)アップ
2)スタブロ
3)(120m+150m+100m)×2; ラスト100mは10秒76。
4)ゴールドジム;強度は3。

日々、かなり順調に調子は下がってきている(当然だがw
明日はしっかり200m走って、バウンディングで帰ってきます×3セット。

練習中も練習後も名城の陸上部の数人と陸上の話をした。
不思議なスタブロで出る人がいたが、原理は「すもうスタート」と同じようで興味深かった。
ちょっと文字では説明しにくい・・・汗

あと、骨盤は前傾させるのは当然だと思い考えもしなかったが、骨盤を後傾させて走るという考えがあると聞いた。
そうする理由を簡単に説明すると、足が流れないようにブロックできると。
しかも、それを取り入れているのが10秒3に限りなく近い選手だから不思議でならない。
はたして、骨盤を後傾させてどうやって重心を前に運ぶのか・・・。
直接話を聞いてみたい。

世界陸上、日本人選手が目立ちませんね。
室伏も為末も末続もダメでしたね。
日本人選手、マラソンの団体以外はメダル0!?なんてことも・・・汗
自国開催で自国の選手の活躍が少ないのは視聴者としては少し寂しい。
頑張れ日本!!!!!!!!!

【前日の勉強時間】 1時間9分

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By コロ助

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    骨盤を後傾させることにより、背骨の前湾をなくすことで、背骨によるショック吸収作用がなくなる。こうすることにより、その状態で走れば、脳天を突き抜けるような衝撃が頭にくるだろう。しかし、それはすなわち地面からの反発が吸収されること無くカラダ全体に伝わっているということである。
    俺が聞いたことのある理論だと、
    骨盤の後傾→背骨の湾曲がなくなる(すなわち背骨が一直線になる)→地面からの反発をもろにカラダ全体に伝えることができる→カラダが前に進む
    ところで、「骨盤は前傾させるのは当然だと思い」とあるけど、骨盤を前傾させることのメリットというか、効果ってどのようなものだと思う?

  2. By ゆうにゃん

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    世界陸上なんて見たことなーい!!

コメントする

*