大腰筋を積極的に鍛えたい.

矢野としんぺーと(みずともは途中で用で抜ける☆)でインナーマッスルについて語った.
かなり熱い討論w自分の意見のぶつけ合い.これが好きでたまらない(笑)

疾走速度に大きな関係のある大腰筋はインナーマッスル.簡単には鍛えられない.
体の奥にある筋肉を動かすこと自体難しいのに,それを強化(筋肥大)するために
負荷をかけようと思うと,どうしてもアウターマッスルまで鍛えてしまう.

できれば大腰筋だけに直接刺激を与えたい.
もっとも効率良く強化できれば,それが一番良いのは当然.
その方法論について何時間か語ったw

それで,解散してから少しインナーマッスルについて調べてみて自分なりにまとめた.

【アウターマッスル】
 体の外側の筋肉のことで,目に見える太い筋肉.赤い筋肉ともいわれ,
 大きな力が必要な時に使い,力を維持する持久力に使う筋肉.

【インナーマッスル】
 体の内側の筋肉のことで,目に見えない細い筋肉.白い筋肉ともいわれ,
 反射神経に関わる動作時に使い,力を抜いて動作をする時に使う筋肉.
 アウターとインナーがバランスよく存在して初めてスピードとパワーが発揮できる.
 どちらか一方だけ特別にトレーニングし,バランスを崩すことで肉離れや腱鞘炎を起こす.
 他人より強靭な身体に筋肉をトレーニングしても,
 それを使いこなせる骨格と筋とインナーマッスルがないと怪我や故障に繋がる.

 ⇒よって,アウターマッスルとインナーマッスルをバランス良く鍛える必要がある.
  実際にはインナーマッスルを鍛える効率的な方法論は少なく,バランス良く鍛えることが困難.
  インナーマッスルを鍛える際の課題についてまとめてあるページがあったので引用します.
  参照→インナーマッスル/トレーニング

【インナーマッスルを鍛える際の課題】
 1.ゴムチューブ類では、直線的動作の為、同一のトレーニング箇所で、
 方向と角度を調節して数十通りおこなわなければ、その関節等の周囲を全部トレーニングできない。
 2.ボール類では、身体のトータルバランス(基礎的)としては良いが、
 専門スポーツでの部分強化を目的の場合は、不十分である。
 3.質より量のトレーニングでは、専門スポーツでの強化に向いているが、故障者が後を立たない。
 4.陸上においては、常に重力がインナーを鍛える時に邪魔をする。
 腕の重さ、脚の重さ、身体の重さ、頭の重さ、がある為、
 アウターマッスルを先に使用してしまうのでトレーニングの効率が低い。
 5.陸上におけるトーレニングメリットとしては、日常の重力の元での動作のため動きやすい。
 何処でも気軽にできる。費用的に安価である。

4番目の課題が特に大きな問題だと思われる.今日話したことも中心的な部分はこのことで,
インナーマッスルを鍛えようとして,アウターマッスルまで鍛えてしまうことだった.

この課題を踏まえた上で,参照ページでは水中トレーニングを推奨しています.
これは矢野が言ってたことに限りなく近いこと.まぁ,彼は風呂でも実践する(実践した)みたいだが!?笑

水の特性(浮力・抵抗力・重力)を利用した「水中トレーニング」考える必要があるかもしれません♪
あと,少し面白い動画を見つけたので載せときます.これは…どうなんだろうか?笑
骨盤はしっかり正面を向いて(横に広がらず),軸も安定しているので,
もろに腰周りの内側の筋肉に刺激を与えられそうな動作には見える.

デメリットはあるだろうけど,もしかしたら意識次第では求めていた練習に近いような気がしたw

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By コロ助

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >インナーマッスルを鍛えようとして,アウターマッスルまで鍛えてしまうことだった.
    同時に鍛えたらあかんのかな?実際のスポーツ動作において、インナーマッスルのみを使うという動作はないのだから・・・。
    たまに、「脚が速い人が大腰筋が太いというのは、相関関係はあっても直接的な因果関係はあまりないのでは?」と疑うことがある。これは、こうちゃんが言っていることに反することなのかもしれないが・・・。
    俺の考えたこととして、「走るのが速い人→脚全体の後方へのスイングが速い→その速いスイングを切り返し再び前方へ振り上げるときに大腰筋が強いエキセントリック収縮を起こす→したがってその動作を繰り返すうちに大腰筋が太くなる」という考えがある。すなわち、脚を速く後方へスイングできる人(すなわち走るのが速い人)ほど、脚を切り返し再び前方振り出すときに、インナーマッスルに大きなエキセントリック収縮が起きるので大腰筋が太くなるのであり、大腰筋が太いから速く走れるのではないと思う、というものである。
    インナーマッスルは補助的に働くものだから、主動筋が強くなった後に、自ずと強くなっていく気がするのだが・・・。
    以前に言っていたこととと違うことを言っているように思うかもしれないけど、前から疑問を持っていたからここに書いてみた。

コメントする

*