介護等体験5/5

今日で最終日.
忘年会に参加させてもらい,楽しく終わることができた.

ここでの経験はすごく新鮮なことばかりだった.常に驚きの連続.
これからの人生に少しでも良い意味で影響を与えてくれたら良いなと思う.
ここからは今回の体験での反省すべき点をいくつか・・・.
4日間,介護での良い点ばかりを挙げてきた.
やっぱりどこかで障害者がかわいそうと思ってしまっているから良いことばかり探そうとする一種の差別である気もする.
よく思い出してみるとやっぱり同じ人間,もちろん悪い点も見つかる.
そこに触れようとしないことは,電車であえて見ないようにする人と同じことだと思う.
いけないことだ.同じ人間として見てあげるには,その人の良い点も悪い点も見つけてあげることが大切だと感じた.
ちなみに障害者は自分が「かわいそう」であることさえ気付いていないことが多い.
むしろこっちが過剰にかわいそうだからと思い込んで望んでいないことまでしようとする.
それは本当のやさしさじゃない.それで何度も迷惑をかけてしまった.
意志表示できる子には,自分でやるから!と怒鳴られたこともあった.
相手も同じ人間,障害者として見られることが居心地悪いと思う人だっている.
最大のミスがトイレの介助の時にしてしまった行動だ.
車椅子の子のトイレの介助を職員に見守られながらする機会があった.
ズボンを下げ,パンツを下げ,ゴム手袋で相手のあれを持って尿とりパット?にオシッコを入れてあげた.
その後,何も考えていなかったためパットに溜まったオシッコを流そうとしたら職員に止められた.まずズボンを上げてあげてくださいって.
後から注意を受けた.相手としてはパンツを下ろされたまま放置させることは気持ちいいものではない.
同じ人間としてどうされると心地よいかを考えてあげてくださいっと.
その時の自分は処理することに必死で,対象が同じ人間であることを忘れていたのかもしれない.
今回の体験で一番大切だと思ったことは,障害を持っている人が自分自身のことをどう思っているのかを考えてあげることだと思う.”自分は障害を持っているんだから助けてくれ!”と思っている人は少なくともここにはいなかったと思う.むしろ”出来ることは自分でやる!出来ないことを手伝ってくれ!”と思っている人ばかりだ.
なんでもかんでも助けてあげることが本当のやさしさでは決してないと強く感じた.
全てを理解することは当然できてはいないと思うが,障害者がくれたメッセージを私はこう受け止めた.

コメント&トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By コロ助

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >出来ることは自分でやる!出来ないことを手伝ってくれ!
    ちょっと違うかもしれんけど、陸上選手とコーチの関係とかもそうだよね。
    コーチが過剰に指導をすれば、やはり選手も不快な気持ちになる。できることは自分でやりたいと思うしさ。
    とりあえず、お疲れっす!次は守山だ~^^

  2. By けいチャリ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なんか、すごい貴重な体験やね!
    やっぱり。ほんま、人の心はわからんから、難しい!
    お疲れ様です!!!

  3. By アッキー

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >コロ助
    まさにその通りかもね!
    うちの場合,出来ないことも自分で何とかやらなきゃいけないけどね★
    >けいちゃり
    かなりいい体験できたよ.
    すごい・・・人生に関わるくらい(笑)
    今の感情を忘れずに生きていきたいわ.

コメントする

*